なんでも気兼ねなく話し合い、共感できる部分が多いのが最大の魅力です。ときには友達のように、あるいは親友のように、意地をはらずに自分らしく楽しい時間をすごしていくことができます。共に成長していけるのも魅力の一つです。

同い年・同世代の彼氏のメリットとは?

dousedai

いわゆるジェネレーションギャップというものが全くありません。高校生のときに流行った音楽、大学生のときに人気だった映画など、思い出話で盛り上がることができるのがメリットです。

立場も対等であり、就活や新社会人、管理職など新たなハードルも同じ時期にやってきます。悩みを共有することができるのも大きなメリットです。学生同士のときはうまくいっていたのに、一方が社会人になったことで理解し合えなくなり、別れるカップルが多いのも事実です。同じ歩調で共に成長していくことができるのは素晴らしいことです。

共通の友達を交えて楽しめるのも特徴です。同年齢だと気遣うことが少なく、ラフに仲良くなっていくことができます。お互いの友人を知り合うことである程度、安心して恋人が一人で遊びに行くのを送り出すこともできます。へんに嫉妬心を持たず、対等に付き合っていけるのもメリットといえるでしょう。

同い年・同世代の彼氏のデメリットとは?

気楽に付き合えることが大きな特徴ですが、同世代だからこそのデメリットも存在します。どちらか一方が、就職が早く決まった、管理職に昇進した、仕事ができて周りからの評価が高いなど、ライバル心を持ち嫉妬してしまうこともあるでしょう。

年下や年上だったら経験値が違うからと、あまり気になりませんが同級生だからこそ必要以上にお互いを意識してイライラしてしまうというデメリットがあります。また、女性のほうが男性より精神年齢が高いこともデメリットになりがちです。

同級生だからといって彼を立てることを忘れてはいけません。例え、夢みがちでノリが幼いと感じても尊敬の気持ちを伝え、プライドを傷つけるような発言には注意しましょう。対等だからと、なんでも言いあっていると恋人という助け合う関係から、争いやケンカの絶えない仲に発展してしまうことも考えられます。

やがて周りの年下や年上のほうが魅力的に映り、破局を迎えてしまうきっかけになることも珍しくないでしょう。お互いが譲り合う気持ちをいつまでも持ち続けることが長続きのポイントになってきます。はじめから役割を分担していくこともおすすめです。お互いが補い合っていることがはっきりするので、思いやりの気持ちを忘れず持つことができます。

同い年・同世代の彼氏を作るには?

あなたが壁にぶつかっているとき、同じような壁に遭遇しているのが同い年の彼です。彼氏ほしいと本気で思っているのなら、しっかりしていても、ほどよく甘えていくことがテクニックです。金銭面に関しても、同じように安定してくるので割り勘を心がけましょう。ご馳走してくれた場合は、次の機会にきちんとお返しをしましょう。

彼の仲のよい友達と交流を持つこともテクニックです。飲み会や、レジャーに誘われたら遠慮せずに参加をして仲良くなりましょう。お互いの新たな一面を発見することができるだけでなく、友達と仲良くしているあなたを見て安心感を抱いてくれるでしょう。

同級生だからと思わずに、小さなことでもどんどん褒めていくのも大事なテクニックです。褒められて嫌な気になる男性はほとんどいません。自信を持ち、いつも褒めてくれるあなたに興味も持ってくれるでしょう。ほどよく頼っていくことで、可愛い子だな、もっと一緒にすごしてみたいなと感じてくれるはずです。

同じ速度で一緒に成長していくことができることが特徴であり魅力です。ライバル心を持たず、小まめに褒め、ほどよく甘えて女性らしさをアピールしていきましょう。付き合いやすくて、気楽でいいなと感じ、あなたから離れなくなってしまうこと間違いなしです。

彼氏が欲しい TOP