特に遠距離恋愛でしかも年下彼氏となると、ネガティブなことばかりを想像してしまうことがありますが、彼氏との関係を長続きさせるためにはおおらかな気持ちでいることが大切です。うまく続けていく方法を考えましょう。

とことん年下彼氏を信じてみる

enkyorirenai

遠距離の恋愛に不安はつきものですが、心細い自分を受け入れ、開き直ってしまいましょう。心配ばかりして良くないことを考え続けると「別れよう」と心にもない発言をしてしまったり、「会えないのだから続ける自信がない」といったニュアンスの言葉を伝えてしまったり、どんどん別れの方向に流れてしまうことがあります。

年下彼氏をどんな時も信じることが大切です。また彼女である自信を持つように言い聞かせていきましょう。いつも素晴らしい自分であり続けるよう心掛けていきましょう。信じ続けることで少し連絡が途絶えても、仲の良い友達の話を聞いても嫉妬しなくてすむようになってきます。

電話やメールでのケンカは顔が見えないぶん本心が読み取りづらく、抱きしめて仲直りなんてこともできないので避けましょう。遠距離ゆえに収集がつかなくなることが考えられます。そして年下彼氏も同じように多少は不安を感じていることを覚えていてください。遠距離であることを恋のスパイスだと捉えるぐらいの、おおらかな気持ちを持ちましょう。

定期的な連絡とデートをできるようにする

遠距離であるからこそ、朝はメール、夜は5分電話、などなんとなくのルールをつくるのも方法の一つです。お互いの近況報告をすることで、今日は接待だから返事がないんだ、試験やレポート提出で忙しいころだな、など状況がわかるので安心したり、気づかいしたりすることができます。

また遠距離の程度にもよりますが、月に1度はデートする、3ヶ月に1度はデートするなどの目標を共有して実行していきましょう。年下彼氏だからと交通費やデート代に負担をかけることを遠慮してはいけません。懐具合も考えながら無理のない範囲で会うようにしていきましょう。

もちろん、年下彼氏ばかりに負担をかけてはいけませんが、いつでも年上の彼女が負担をしていると甘えの心がでてきてしまいます。彼女に会うためにも仕事をし、頑張った収入で大事な人の笑顔を見られるという構図をつくりあげていくことが理想です。

お付き合いの期限を決めておく

年下彼氏が学生だったり、新社会人だったりする場合は結婚をすぐにという状況になりにくいのも現実です。また、遠距離でもお互いが上手に連絡を取り合い、数ヶ月に1度のデートを重ねていく場合、近距離カップルよりも一緒に過ごす時間が短いため、劇的なトラブルや大嫌いになる原因も見当たらず時間ばかり過ぎてしまうことがあります。

自分の中で、なんとなくの期限を決めておくのも一つの方法です。年下彼氏にはっきりといつまでと宣言をしてしまうと「友達の結婚とか、子どもの話をふられて困る」「プレッシャーハンパない」などと感じてしまい、それなら別れようかという気持ちを抱かせるきっかけにもなりかねないので慎重に伝えていきましょう。

しかし、責任感ある年下彼氏ならば、彼女の年齢を考えてケジメをつけようと感じ、どちらかの答えを出してくれることにもなります。後悔のない区切りのつけかた、アピールの仕方をしていきましょう。

ただし、お付き合いの中で合わないなと感じて、自然と答えが出ることもあるので、考えすぎないこともコツです。自分の年齢や結婚希望年齢、好きな人への気持ちを慎重に判断していきましょう。

年下彼氏は、付き合うだけでも他の女性に取られてしまうのではないかと不安になります。しかし、遠距離でも上手にお付き合いをして結婚までいくカップルはたくさんいます。最後は「ご縁」だからと割り切るのも大切です。深く悩んで破局を迎えないよう気をつけていきましょう。

彼氏が欲しい TOP