もう何年も彼氏がいない。彼氏いない歴が年齢と同じ。とにかく彼氏が欲しい!いくら願ってもパッと目の前に現れるわけではありません。自然に彼氏ができていたなんてことも稀にあるかも知れませんが、確率でいうと奇跡に近いことなんです。それに誰でもいいというわけではありませんよね。

ここでは、なぜ彼氏ができないのか?さまざまな角度から自分を冷静に見つめていくことで、出逢いのチャンスを広げたり、恋愛に繋げていったりする方法を考えていきたいと思います。

彼氏ができない理由とは?

kappuru

「彼氏欲しい」と思っているのに、なかなかできないことがあります。彼氏ができない理由はどこにあるのでしょうか。2つのパターンについて考えてみましょう。

自分に自信が持てず男性とも交流が少ない

自分に自信がない人は、洋服が地味だったり、男性と話す機会を避けがちだったりします。せっかく話しかけてもらっても「私なんかに興味があるはずがない」と思い込んでいるので、相手の好意に気づけずそっけない態度と返事でがっかりさせてしまうことがあります。また人間関係を広げることに臆病になり、心許せる友人とばかりの女子会を重ねてしまう傾向にあります。

彼氏ができない理由は、たくさんの人と交流を持たず、せっかくのチャンスを逃してしまっているところにあります。彼氏欲しいと願うのであれば、自分に自信を持つように心がけましょう。

飲み会やデートには行くけれど付き合うまでに進展しない

nomikai

男女問わずそれなりに友人との付き合いがあり、飲み会やデートに行くけれど彼氏ができない場合もあります。見た目や社会的地位で、恋愛対象なのか友人なのかを判断してはいないでしょうか。もちろん好みは大切ですが、振り分けていくことで好意を抱いてくれている男性を見過ごしてしまうことになります。

またデートに誘われない、1回会うだけで終わってしまうという場合は、自身の行動について振り返る必要があります。男性は気に入った女性には、あの手この手で話す機会を増やしデートに誘おうとします。声がかからないということは、視界から外れてしまったと考えても良いでしょう。言葉遣いが荒かったり、デリカシーがない発言が多かったり、ネガティブな発言ばかりしなかったでしょうか。

彼氏ができない理由は、理想が高かったり、選り好みをしすぎていたり、敬遠されるような態度を無意識にとっているところにあるのかもしれません。色眼鏡をかけずに、まっすぐに相手を見るようにしてみましょう。

どこか当てはまる部分はあったでしょうか。彼氏ができない理由を考え、原因を改善していくことで「彼氏欲しい」と思うまえに声をかけられるようになるでしょう。

どんな彼氏が欲しいのか?

「彼氏欲しい」と漠然とした望みを持つだけでなく、どのような彼氏とお付き合いがしたいのかを具体的に考えてみましょう。アプローチ方法がみつかるかもしれません。

イケメンの彼氏が欲しいなら

ikemen2

好きな顔や生理的に苦手な顔というのは誰もがなんとなく持っていますが、曖昧で不確かなものです。実際、初めて見たときはイケメンだと感じても長い時間を過ごすうちに、なにも感じなくなることがあります。

また、全く好みだと感じていなくても真剣に仕事や学業、スポーツに打ち込む姿や、ふとした表情をきっかけにイケメンだと気がつくこともあります。本当にカッコイイ男性は同性や異性を問わず慕われ、顔がイケメンだということとはあまり関係がありません。

高収入の彼氏が欲しいなら

okanemoti

高学歴で高収入の男性は優しくスマートな紳士が多いので憧れの的となります。お金を目当てに好意をよせてくる女性もたくさんいるので警戒心が強く、アプローチを受けることも多いので厳しく本質を見極めようとします。

また自身もストイックに勉強や仕事に取り組んできた結果として高収入を得ているので、だらしない行動や感情のコントロールが下手な女性には苦手意識があります。まずは男性に釣り合うよう勉強や仕事で成果を出し、身なりにも気を遣い、優しさや笑顔をいつでも発揮できるハイレベルな自分へとパワーアップしましょう。

高身長の彼氏が欲しいなら

kousinchou

彼氏にしたい理想の身長は180cmだといわれていますが、日本人男性の平均は171cmです。女性の平均は158cmなので、自分より高身長な男性の方が圧倒的に多いことになります。なにがなんでもとしがみつかず、気楽に考えるようにしましょう。

自分が高身長だから諦めきれない、どうしても理想を追い求めたいという場合は、ネットやアプリで増えてきた出会い系サイトを利用し、効率的にプロフィール検索で探すのも方法の一つなので検討してみましょう。

やっぱり相性が一番大事!

「イケメン」「高身長」「高収入」は多くの女性が相手に求める要素ですが、高望みばかりしているといつまでも「彼氏欲しい」と願う状況から抜け出せなくなってしまいます。また、長くお付き合いをしていく中で、性格の不満が出てこないとも限りません。相性を重視することも大切な要素です。

彼氏が欲しいときのアピールの仕方

まずは周りの友人たちに「彼氏欲しい」と思っていることをいつもの会話の中でアピールしていきましょう。合コンなどに誘ってもらえるチャンスが増えていきます。

出会いの場ではやわらかな雰囲気でアピール

karen

まずは飲み会やイベントなど男女を問わず、人が集まる場にも積極的に参加していきましょう。出会いの数を増やしていくことが大切です。また「気になるな、話してみたいな」と思わせるために可憐な雰囲気を演出することも重要です。パステルカラー系のふんわりしたファッションを意識し女性らしさをアピールしていきましょう。

休日の過ごし方などの会話では、「女友達とランチをしている」「趣味のヨガ教室に通っている」など、仲良しの男友達と遊んでいたとしても男性の影を感じさせない受け答えをしましょう。さりげなく“恋人はいないけどできたらうれしいな”ぐらいの、ニュアンスをアピールしていくことが重要です。

草食系タイプも増えてきているので、ガツガツ「彼氏が欲しいの!」と気になる彼の目を見つめながら直球で勝負するのは避けましょう。“話しやすくて感じの良い子だな”と思わせるぐらいの積極性が大切です。

彼氏の作り方やコツ

出会いの場を増やしていくと同時に、相手の立場を想像しながら自分だったら「どんな彼女が欲しいのか」を考えながらライフスタイルを見直していくと作り方やコツが自然と見つかります。

自分をいつも大切に扱うようにする

heya

外に出たときに、いくら素敵な女性を演出しても、取り繕ったものだとアラが出てしまいます。部屋の掃除と身の回りの整頓を心がけ、いつ友人を招いても良い状態にしておきましょう。自身を“大切な人”として扱うことはとても大事なことです。

基礎化粧品を新しく変えたり、美容院に行く頻度を増やしたり、心地よく過ごせる環境を整えましょう。キレイを意識していくことで自信にも繋がります。興味があることや、好きなことを習い事として本格的に取り組んでみることもおすすめです。例えばフラワーアレンジメントの作り方を学ぶと部屋にも飾れ、華やいだ気持ちや部屋をキレイに保つモチベーションに繋がります。

また一人暮らしの場合は、カップラーメンなどついつい食事に手を抜きがちですが、料理の作り方を勉強してみるのも良いでしょう。美肌づくりの効果があるだけでなく、彼氏に腕をふるえるようになれます。

内面を磨くように心がける

egao

何よりも笑顔で生活することを心がけましょう。悲しいことも、頭にくることもあるかもしれませんが、楽天的にとらえる癖をつけましょう。心の平和を大切にし、他人と比べたり、私なんかと卑屈になったりしないよう心がけていくことで、思いやりや感謝の気持ちを持てるようになります。学業や仕事にも前向きに取り組むことができるようになるでしょう。

彼氏欲しいとイライラ焦っているよりも、魅力的な女性でいることを重視して、趣味や仕事に打ち込んでいると、ふとしたときに良きご縁に巡り合うことができます。

ふだんから身なりを整え、心に余裕を持つことが彼氏の作り方のコツです。おしゃれで気遣いができ、笑顔がステキな女性でいることで自然と男性からのお誘いが増えるはずです。

実際の彼氏を作れる場所とは?

大学生で恋人がいる女子は35%、男子は20%、20代の社会人の場合は女性が48%、男性が38%という統計もあります。男女ともに7割以上が、お付き合いをしていないという驚きの現実があります。

engurahu

漠然と大学生になったらできるだろう、社会人になったらできるだろうと考えて、なんとなく受身の生活をしていると気づけば、バイトと学校で学生生活が終わってしまった、会社と家の往復しかしていないという状況に陥ってしまうことになります。

また現代は昔に比べると、必ず結婚しなければいけないという風潮が弱まり、自由に好きなように生きることが良いとされるようになりました。海外旅行や、ゲーム、ネットなど楽しめることもたくさんあるので、なんとなく「パートナーはいなくてもいいかも」と感じる大学生や社会人も多いようです。

でも、実はこれは「彼氏欲しい」と思っている女性には大チャンスではないでしょうか。積極的な行動をとり、日常の生活でのあらゆる出会いを味方につけていけば、たくさんの男性の中から彼氏を見つけ出せるということです。

彼氏が欲しい大学生の出会いの場所

daigakusei

大学生といえばサークルの新歓コンパです。友人すらおらず、入るか分からないサークルの飲みに参加するのは心細かもしれませんが、思い切って顔を出してみることをおすすめします。違う学部の同級生や、先輩と知り合うことができます。また、サークルに参加するにも良いタイミングとなり、恋人にも繋がっていきます。

受験勉強が終わり、一人暮らしをきっかけにバイトを始める大学生も多いでしょう。仲間や先輩、上司と週に3日などの頻度で会っていると、自然と仲良くなり会話も増えていきます。飲み会などにもしっかりと参加をしていくことで、親密な関係をつくっていくことができます。

講義やゼミ、ボランティア活動など大学生の生活の中にも、出会いのきっかけはいくつもあります。グループでの作業や共同研究、合宿、欠席した講義のノートの貸し借りなど、仲良くなるためのイベントがたくさんあります。交友も広がるので紹介や、国内外の旅行などでのナンパも期待できるかもしれません。

彼氏が欲しい社会人の出会いの場所

syakaijin

社会人は職種にもよりますが、基本的には職場の同僚や後輩、上司と長い時間を共有していくことになります。日々の業務や会議などを重ねていくうちに親しくなり、日常会話や一緒に食事することが増え、自然な流れで付き合うことが期待できます。

また、総合職や営業だと取引先との会議や接待も増えてきます。あるいは、新作発表会などのパーティをきっかけに名刺交換をして連絡を取り合い、関係が発展していくということもあります。社会人として気を抜かず笑顔を大切にし、たくさんの出会いや場を大切にしていきましょう。

kekkonpa-thi

プライベートだと飲み会やイベントはもちろん、友人の結婚式の二次会などがあるでしょう。気分が盛り上がっているときは親しさを増すチャンスです。積極的にアドレスの交換をしていきましょう。

気心の知れた友人と婚活パーティに参加してみるというのもおすすめです。会社と家の往復ばかりになってしまう社会人は多いですが、彼氏欲しいと思うなら面倒くさがらずに、気分のリフレッシュもかねて積極的に出かけていきましょう。

彼氏が欲しい女性の出会いの場所

合コンや友人の紹介、街コンは王道です。彼氏欲しい女性なら積極的に参加をしてみましょう。また、料理教室やジム、ヨガ、ダンスなどの習事や、テニスやゴルフなどの趣味の場も味方につけることができます。気分をリフレッシュすることもかねて、気楽に始めてみましょう。

sumahodeai

そして今すぐに始められることが、実は身近にあります。出会いアプリや、インターネットでの出会い系サイトです。3人に1人がインターネットを通じて知り合っているともいわれています。手元のスマホで出会い系サイトに登録したり、出会いアプリをダウンロードしたりするだけで手軽に始められます。ただし、クリック詐欺やダウンロード詐欺など犯罪がらみの出会い系もありますので、安全なところを選びましょう。

出会いのチャンスはたくさんある。時間を有効利用しよう!

こうした出会い系サイトや出会いアプリを使えば、通勤時間や通学時間、休日のちょっとした空き時間を無駄にすることなく彼氏をいち早くみつけることができます。プロフィールを閲覧し、気になった彼にメールを送ったり、逆にもらったりすることができます。イケメン、高身長、高学歴の相手をみつけることも夢ではありません。

複数の相手にメールを送り、やりとりをしながら相性の良い人をみつけていくことができるのも出会い系サイトと出会いアプリの利点です。出会う方法の1つとして利用してみましょう。忙しくて気持ちに余裕がなく、合コンや趣味をすぐに始められない女性にもおすすめです。出会い系サイトと出会いアプリで幸せになったカップルもたくさんいます。

チャンスは自分でつくりだしていくものでもあります。彼氏欲しいと思いながら時間ばかりが過ぎてしまうのはもったいないことです。大学生や社会人の生活の中にはたくさんのチャンスがあります。それだけでなく、インターネットが発達した現代なので出会い系サイトや出会いアプリといった手段を有効に活用して、諦めずにがんばってみましょう。